モラタメ当選

モラタメも会員数が増えたせいか、ちゃんと客観的なレビューも書いているのに全く当選しなくなったので、そろそろ退会しようかなと思っていた所、久しぶりーに当選しました(^^;
当選品は「創味シャンタンDX 500g/創味シャンタン やわらかタイプ 120g/創味シャンタン 粉末タイプ 50g」です。

モラタメ当選品

シャンタン自体の存在を今まで知らなかった中、いきなり500g缶を開封するのはちょっと…ということで、チューブと粉末タイプを使ってみました。

とは言っても、料理スキルが少なくて簡単なフライパン料理しか作れないのですが、ネット上のレシピを参考に色々試してみました。料理の写真を見せられるほど上手に作れないので、作ったメニューのみを列記します。

・トンテキ
・鶏もも肉のソテー
・鶏もも肉の揚げ焼きで作った唐揚げ
・豚こま肉と玉ねぎの塩コショウ炒め
・親子丼
・中華スープ(そのままお湯で溶かすw)

シャンタンが味わいをより深めてくれるので、油や塩、調味料が少なくても美味しくできますし、味がまろやかになります。
なので、作る料理全てにシャンタンを使っている気がしますw

一方欠点といえば、料理が冷えるとシャンタンの油脂が固まって味がくどくなってしまうくらいでしょうか。脂身が多い肉類なんかだとラード食べてる気分になります。お熱いうちにどうぞ、ということでしょう。
あと何気に使っていますが、カロリー的にはどうなんでしょう。

でも、シャンタンがあるだけで料理や味付けのレパートリーが簡単に増えるのはよかったです。一人で自炊するのをずっと面倒に感じていたのですが、料理を作ろうという気にさせるにはちょうどいい当選品だったと思います(^^)

さーくん2歳の誕生日

久しぶりにブログ見たら、最近の記事がさくら1歳の誕生日orz
SNSがあると、長い記事でもない限りブログに書くことないんですよね…。
丸1年ぶりの更新ということで、さーくんも2歳の誕生日を迎えました。

さーくん2歳 さーくん2歳

前日までバナナやみかんをあげてたので、早生キャベツと人参をあげました。
ではまた来年w

さーくん1歳の誕生日

本日2/3、さくらことさーくんが1歳の誕生日を迎えました。5ヶ月の時に里親としてお迎えしたので、さーくんが家にやってきて約7ヶ月経ったことになります。でも全く懐いてくれないし、名前呼んでもシカトされますけど(/_;)

さーくんはビビリ屋で日中はほとんど2階の廊下でじっとしているので、いつもは放置していますが、誕生日なので朝から好物の野菜(キャベツ・小松菜・人参)盛り合わせをプレゼント代わりにあげました。バナナが大好物だけど今は高すぎて買えないので、またの機会にあげようと思います。

野菜盛り合わせ 野菜盛り合わせ

でも少しキャベツを食べて食欲が増したのか、野菜は放置してペレット食べてますが(´・ω・`)牧草入れをケージ内に取り付けていたせいか、あまり牧草を食べてくれないので、乾燥ビワの葉をあげていましたが、この機会にと牧草入れをケージの扉へ取り付け直しました。

野菜放置でペレット食事中 野菜放置でペレット食事中

こうして写真で見ると下半身が太っているので、夜に体重を測ってみたら1.88kgになってました…ってデッキや階段をダッシュで走り回っているのにまだ太るのかよーorz

また体重増えてるよ…

最後に、洗濯物干しの間にイタズラをしてたので仕返し動画と、昨年撮影してアップし忘れていた動画をアップしておきます。

さーくんは、ぱせりみたいにじっとポーズを決めてくれず、すぐジャンプやダッシュで逃げ出そうとするので撮影が大変です(;´д`)トホホ…

ぱせり生誕10歳

本日2016/08/15でぱせりが生誕10歳を迎えました。
10歳の誕生日にはお祝いをするつもりが、9ヶ月も前にお月様へ旅立ってしまい無念でなりません。でも、唯一の救いは、もうぱせりがお風呂場で真夏の暑さに耐えながら過ごさなくていいことです。

ところで、「うさぎのおめめ」という、うさぎ専門ネット番組の司会をされていた原田朱美さんが2013/08/09に49歳の若さで永眠されました。
朱美さんの病状が悪化した時は、朱美さんが大好きだったぱせりを連れて名古屋までお見舞いに行こうと思っていましたが、残念ながら間に合いませんでした。
でも、きっと今頃は天国で再開してるよね、だってアクテイブぱせりだもの。

当時、朱美さんからぱせりの写真を送ってくれ、と突然連絡があったのでメールしたら、写真を繋ぎ合わせてコメント入りの動画を作ってくれたから「どんだけ暇なんですか(笑)」と返信したんだけど、既に病気が発症していたんですね。
うさぎのおめめでも放送されたんですが、2013/10/31の4周年&200回放送で最終回打ち切りとなってしまったので、ここにその動画を掲載して朱美さんとぱせりの追悼に代えさせていただきたいと思います。

Windows10アップグレードの注意点

Windows7 SP1以降のPCをWindows10無償アップグレードできる期限が2016/07/29までと迫ってきました。ただ、期限内に一度でもアップグレードすれば、旧OSへ戻しても期限後に無償アップグレードできます。

これは、アップグレード時にアクティベーションサーバ上で、Windows10のバージョン1511(Build 10586,TH2)以降、旧OSのプロダクトキーとハードウェア構成の組み合わせをデジタル認証化し、アップグレード対象PCであればWindows10の新規プロダクトキー25桁がPC毎に割り当てられるからです。
この仕組みにより、アップグレード時にプロダクトキーの入力が不要になり、一度認証されたPCであればいつでもアップグレードが可能になります。
但し、ハードウェア構成が大きく変わった場合や別PCでは、ライセンス違反とみなされプロダクトキーは通用しません。
また、Windows10にアップグレードしたまま31日を経過すると、旧OSには戻せなくなります。ソフトウェアの動作検証期間だということでしょう。

当面は旧OSのまま使いたい場合も、一度はアップグレードしておきたい所ですが、不具合が多発していますので、以下の点で注意が必要です。

1.Windows10のシステム要件を満たしているか
Windows7以降のプリインストールPCを新品で入手した場合、大抵のPCは問題ありませんが、中古PCなど年式が古い場合、ハードウェア性能やBIOS・ドライバなどがシステム要件を満たしていない場合もありますので、念のため確認しておきましょう。
特にBIOSに関しては最新の状態にしてからアップグレードしないと、Windows10では更新ができないので要注意です。BIOSのバージョンは、PC起動時にF2やDeleteキーを押し続けることで表示されるセットアップ画面で確認できますので、メーカーが提供している最新のBIOSプログラムを確認して、最新でなければ書き換えておきましょう。

2.日頃使用している必要なソフトウェアが動作するか
この場合は、もし動作しない場合でも、後日バージョンアップで対応されることもあるので、一旦アップグレードして旧OSに戻しましょう。

3.旧OSのバックアップ
Windowsは通常Cドライブにインストールされているので、複数のドライブに分けている場合も、Cドライブだけはイメージバックアップで完全な状態にリカバリーできるようにしておきましょう。
バックアップソフトは市販のソフトウェアやWindows標準のものでも構いませんが、CD-Rなどの起動ディスクを忘れずに作成しておきます。
OSやソフトウェア等のバックアップはDVD等に保存すると時間がかかるので、外付けHDDやメモリーカードなど、一時的に素早くバックアップできるストレージを使い、どちらのOSでも使用する個人データ等はDVD等の長期保管が可能なメディアに直接コピーするなど、データの重要性や用途に応じて使い分ければいいと思います。

4.Windows10のOSインストールDVD作成
特にWi-Fi(ワイファイ=無線LAN)環境を使用している場合、インストール時にネットワーク接続ができない事態や、トラブル発生時の再インストールを考慮して、Windows10のisoファイルをダウンロードしてDVDへイメージコピーしたものを使用した方がいいと思います。isoファイルとはDVDなどの中身を丸ごとコピーして1つのイメージファイルにまとめたもので、OSのサイズはちょうどDVD1枚に収まります。
isoファイルは、マイクロソフトのメディア作成ツールで作成できます。
サイトはこちら⇒https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

5.Windows10のインストール
インストールはisoファイル内のsetup.exeをダブルクリックすると始まります。利用規約に同意し、個人データとソフトウェアを残す、個人データのみ残す、全てのデータを残さない、から選択することになるので、慎重に選択してください。そのあと、オンラインでない場合はネットワーク接続画面が出ますが、インストール後にオンラインになればいいので、インストール時点ではスキップして構いません。
時間は2時間ほどかかります。色々設定したり、途中でトラブルが発生したりすることを考えると、倍以上の時間を要することもありますので、時間に余裕がある時に行ってください。

6.動作確認及び環境設定
ロック画面が出たり、スタートボタンをクリックするとタイルが邪魔だったり、通知がうざかったり、まぁ色々ありますが、不要な物は消してしまえば、旧OSと見た目がほとんど変わらなくなります(笑)
ソフトウェアもよほど特殊なもの以外は普通に動作するハズです。
ただ、個人データとソフトウェアを残してアップグレードすると、クリーンインストールでは発生しないようなトラブルも多いようです。
代表的なトラブルへの対処法を以下に記しておきます。

【インストールが途中で止まる】
・クリーンインストール以外のアップグレード時は、旧OSへ戻せるようデータをバックアップするため、Cドライブが容量不足になる場合がある。
・Windows10のデータ単位は64bitなので、Windows10搭載ソフトウェアと32bitのソフトウェアが競合した場合、フリーズしてしまう。

【画面が固まる・点滅を繰り返す・起動したソフトが勝手に終了する】
・旧OSでインストールしたウイルス対策ソフトが原因な場合が多いので、「スタートメニュー⇒電源⇒Shiftキーを押したまま再起動をクリック」して、スタートアップ設定画面で5またはF5キー「セーフモードとネットワークを有効にする」を押して起動させ、ウイルス対策ソフト付属のアンインストールソフトを用いて完全に削除してみる。
・画面が点滅する場合は「C:Windows¥system32」フォルダ内の「IDTNC64.cpl」を移動または削除してみる。

※Windows10のアップグレード認証を行っていない状態で、OSの安定度を考えクリーンインストールしたい場合には、25桁のプロダクトキー入力が必要な場合もありますね。
その場合、プリインストールされているOEMのWindowsプロダクトキーと、PCに添付(ノートPCの場合は裏面に貼り付け)されているプロダクトキーは大抵異なるため、使用中OSのプロダクトキーをメモ等で控えておいた方がいいと思います。
Windows7以降、プロダクトキーは下5桁しか直接見れなくなったので、以下のツールを使用して確認しましょう。
サイトはこちら⇒http://www.rjlsoftware.com/software/utility/winproductkey/download.shtml
アップグレード前後でプロダクトキーが変わったことも確認できます。

7/29まで間もないので、無償アップグレードをしたい方はギリギリだと回線がパンクするかもしれません。また近日中に買い替えるため旧OSで使い続けるという方も、Windows10に無償アップグレード可能なPCの方が、下取りや中古売買の面で取引価格が高いと思うので、日頃なかなか行わないバックアップを兼ねてアップグレードしてみるといいかもしれません。

なお、当方は上記の全てにおいて一切の責任を負えませんので予めご了承ください(^^;